沖縄生活レポート・作品制作/最新ブログ記事はこちら

ジャングルでの呪術治療で倒れこむ。

3日目、呪術師、アグスティン宅での浄化の治療最終日を向かえる。

治療といっても、使うのは、マラカスと、呪文と、息と呼吸と香水と歌と精霊。

作日からずっとめまえがすごくてふらふら。

アグスティンが、いつもの呼吸音にくわえて、最終段階なのか、ぴょこぴょこいう音が鳴るふしぎな呼吸で悪い呪術やエネルギーを排出する。

儀式の終わりと共に、私の具合は最悪になった。

イスに座っていることもままならず、途中で床に倒れこむ。。。

大丈夫か。私。。。

貧血なのか、呪術のせいなのか、なにかの病気なのか、いったいなんなのか。。。

「体の中で2つの呪術が戦うと体がたえきれずこうなる。でも少したてば大丈夫。心配ない。」

シャーマンは、横たわった私の上から、マラカスで音をならし、魔法の精霊たちの歌をうたい、、香水を口に含みブーッと吹き付けてくる。

魔法使いのルビーちゃんは頭もんだりして現実的に対処してくる。

遠い意識のなか、「マラカスと精霊の歌、盛り上がってるなぁ。。。」

…そんなことを思う。

しばらくして二人のおかげて、フラフラながらようやくイスに座ることができるようになると、シャーマンが言った。

「娘がもうすぐ出産予定だ。日本人の名前を子供につけてやってくれ。」

え!?そんな責任重大な大役無理無理無理。。。具合悪かったことをすっかり忘れた。

せめて1週間かかると説得してみたが、今きめてほしいという。名前はさぁ、画数とかあるんでしょ。じっくり考えなきゃ。

シャーマンの娘:「私、あなたの名前がいい。KINUKAでしょ。生まれてくるの女の子だし。」

私:「え?まじで?やめときなよ。」

シャーマン:「キヌカ・パウンドロ・イダルゴにする。決定!」

簡単な家族会議の結果、私の考えた、ほかの候補の名前を無視し、ジャングルの
シャーマン家にKINUKAという女の子が、近いうちに生まれてくることに決定した。

今日、明日あたりに、出産予定のエルラ。

「ガンバッテ!元気なジャングルのキヌカを産んでね。」

なんだか、ジャングルに生まれなおす気分だ。

私の両親も大変喜ぶことであろう。。
(あ、そうだな。まだ、ペルーに来てることいってないや。。。)

「あなたの名前なに?」

シャーマン、アグスティンの娘さんに聞く。

「エルラ」。

私:「いい名前じゃない。私が子供産んだらその名前つけていい?」

エルラ:「交換ね。」

私の、いつか現れるかもしれない子供の名前も決定した。

なんだかシャーマン家のファミリーになったかのようだった。

エルラの子供達。

よく笑うエルラの子供達。じき、呪術師になるのだろうか。。。

アグスティン:「お礼に、この液体に幸運の魔法をかけておくよ。」

私がお願いしていた、アヤワスカの液体でつくった絵具に魔法を入れてくれるシャーマン。

これはジャングルの種などを意図と共にグリッドする魔法、(精霊グリット用)の魔法のアヤワスカ・タペストリー(壁掛け)を制作するための絵具に使う予定だ。

濃い色の部分は木の樹液、薄い茶色の部分はアヤワスカの魔法の絵具でペイントされている。

木の皮に描かれた、丸い形のマークはアヤワスカの輪切り(フラワー・アヤワスカ)のシンボル

淵はアヤワスカの枝をモチーフにグリッドされている。

アヤワスカの液体絵の具で描かれたタペストリー

数日後、ルビーちゃんの薬草風呂とのコンビネーションで、どういうわけか体調が回復した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
KINUKA魔法の道具屋ROOTPEOPLE運営 魔法の杖製作アーティスト
世界の魔法を巡る旅をしながら作品制作活動をしています。 職業は魔法の杖製作アーティスト。エネルギーを魔法の杖という物質作品に表現するのが私の仕事です。 このブログのタイトルであるマジカル アドベンチャー ガイドは実際に旅をする上での情報の参考には全くならないかもしれませんが、これから先、何か始めようとしている人達へ冒険に繰り出すきっかけになればと思っています。 世界は魔法に満ちています。私のマジカルアドベンチャーを一緒に旅している気分でぜひ楽しんでいただけると嬉しいです。