沖縄生活レポート・作品制作/最新ブログ記事はこちら

魔法の薬草によるブラックマジックの外し方。

ジャングルでおかしな儀式に参加したために、本格的に私の体調を心配しはじめたルビーちゃん。

薬草を3日間蒸したりにたりして、黒い薬草の液体をつくった。

これでシャワーをして体を清めると、悪い魔法やエネルギーがでていくのだそうだ。

悪いエネルギーを追い払う葉を中心に、ラッキーがくる魔法の葉などが12種類ほど。

昨日、病院で現実的対処(血液検査)をしたので、今度はエネルギー的対処方法を試みるようだ。

ところで、なぜ、そんなに薬草や魔法の知識が豊富なのか聞いてみた。

ルビーちゃん:
「実は、アヤワスカのセレモニーなんかをやらなくても、7日間の断食のあと、
自分が知りたい真実を映画のように見ることができる。ここイキトスの町では、黒魔術がすごくて、何度も危ない目にあった。昔、世話になったシャーマンが、もし、自分が死んでも自分で魔術が使えるように私に伝授してくれた。
だからすごくべんきょうして、強くなった。困っている人を助けようと思った。
でも、みなが恐れると思って秘密で自分だけに魔法を使ってる。」

「7日間断食できる」っていうところが、魔法使いに値すると思う。よっぽど根性と体がつよくなければだめだ。

そういうと、半分に割った巨大なレモンを持ち、ブツブツ呪文を唱えながらそれで私の体をこすりあわせる。。。それも、念をこめて。

蚊にさされてブツブツになってるところが痛い。

悪い部分が泡立つのだそうだ。

ルビー:「あなたは首元から胸にかけてだけ悪いね。」

そのあと、頭の頭皮や髪の毛にもレモンの果肉をこすりあわせた。

人間すりおろし器になったみたいで、正直いって痛い。

黒く染めた髪もきっと抜けて茶色になることだろう。。。

レモンで体の隅々までブラッシングしたら、こんどは3日間かけて作った黒い液体を頭、髪、体へぬりこむ。

「3日間体洗っちゃダメ。そしたら、すべてよくなるからさ」

髪を自然乾燥させながら、夜のイキトスの町をトゥクトゥクで駆け抜ける。

途中で、ポィっとブラッシングしたレモンが入ったビニール袋を道路のわきに投げ捨てた。

「あれは悪いものを拭ったから、家から遠い外へすてなければならないの。」

そして、来た道と違う道を通って帰った。

それにも、悪いものを払いさる魔法のルールがあるらしい。

これから数日後、私の体の調子はまさかの回復をすることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
KINUKA魔法の道具屋ROOTPEOPLE運営 魔法の杖製作アーティスト
世界の魔法を巡る旅をしながら作品制作活動をしています。 職業は魔法の杖製作アーティスト。エネルギーを魔法の杖という物質作品に表現するのが私の仕事です。 このブログのタイトルであるマジカル アドベンチャー ガイドは実際に旅をする上での情報の参考には全くならないかもしれませんが、これから先、何か始めようとしている人達へ冒険に繰り出すきっかけになればと思っています。 世界は魔法に満ちています。私のマジカルアドベンチャーを一緒に旅している気分でぜひ楽しんでいただけると嬉しいです。